ご挨拶

患者さまへ

東京大学医学部附属病院小児外科では、地域のお子様に適切な外科医療を提供するとともに、より専門的な外科医療を求めるお子様に最先端の医療を提供したいと考えております。手術の際に少しでもお子様の負担が少なくなるように『腹腔鏡手術』や『胸腔鏡手術』と呼ばれる細長い内視鏡や手術器具を用いた小さな傷で行う手術を積極的に行っております。又、入院中もなるべくつらい処置が少なくなるよう、入院期間がなるべく短くなるよう留意しております。手術後は地域の医療機関とスムーズな連携を取りながら、成長発達に合わせた適切なフォローアップを心がけております。

小児外科では主には生まれた直後の新生児から15歳までの外科的疾患の患者さんを診療していますが、生まれる前から外科的なご病気が見つかったお子さんを診ることもあり、また小児外科特有の病気の方など私たちの専門性がお役に立てる時には16歳以上の方も診療しています。小児外科では、頭の先から足の先まで全身のほとんどの部位の疾患を扱っております。外傷や異物誤飲誤嚥などの救急疾患にも対応いたします。(お子様の気になる症状に合わせて「当院で治療している主な病気」ページから検索いただけます。)東大病院小児外科では鼠経ヘルニアなどの一般的な病気も積極的に診療しておりますので、お気軽に受診いただけます。

セカンドオピニオンも受け付けております。一般的な内容からお子様の状況に合わせた内容まで幅広い情報を、専門家の立場から提供いたします。お子様が小児外科の病気との診断を受けたり、小児外科の病気の可能性があると言われた場合、小児外科の病気が心配な場合には、お気軽に東京大学小児外科を受診いただき、私どもにご相談ください。

診療科長・准教授 藤代 準

受診をお考えの方へ

○ 当院は、一次診療の医療機関と相互連携を図りながら、高度先進医療を行う『特定機能病院』に指定されております。

○ 原則的に予約診療ですが、当日受診のご相談も対応いたします。その際には、予約のある患者様が優先となりますので、お時間がかかることをご了承ください。

○ 外来受診予約方法は「外来予約」ページをご覧ください。

○ 実際の外来受診は「外来紹介」ページをご覧ください。

○ 受診にあたっては、保険証、かかりつけ医からの紹介状、予約時の患者番号を、ご用意ください。

○ もし入院が必要となったら「入院の準備」ページをご覧ください。当院「小児医療センター」では新生児、心臓病、神経、腫瘍などを専門とする小児科(新生児グループ、循環器グループ、腫瘍グループ、神経グループ)、産科の先生方や、看護婦さん、薬剤師さん、心理士さんなどの多くの専門家と連携したチーム医療を行っております。重症な合併疾患を持つお子様も安心して外科治療を受けていただく事がでいる体制を整えております。

○ 手術の際には「手術が必要になったら」のページをご覧ください。

○ 24時間365日小児外科医が対応いたしますので、安心して気軽にご連絡ください。