ご挨拶

小児外科を志す方へ

小児外科は主に15歳未満の小児に特化した外科の一分野で、対象患者さん、対象疾患・手術が多彩であることが大きな特徴です。小児外科では出生前診断された胎児から新生児、乳幼児・学童はもちろんのこと、成人に達した小児外科疾患を抱える方も診療しています。対象疾患・手術は、胸部(肺・気管・縦隔・横隔膜)、腹部(消化器・肝胆膵・腹壁疾患)のいわゆる一般外科領域をはじめ、小児の泌尿生殖器系手術や頭頚部の小手術、悪性固形腫瘍や外傷などと多岐にわたります。

もう一つの特徴は、対象が「小児」であることです。患者さんの現在だけなく、将来の成長・発達まで見据えたうえで最適な治療・手術を選択することが必要になります。そのため、小児科の先生をはじめとする多くの部門との連携が重要で、東京大学小児外科は小児医療センターの中で連携を取りながら診療を行っています。

東京大学小児外科は、診療科開設が1971年、講座開設が1989年と歴史のある教室で、教室出身の多くの先輩方が活躍しています。また、症例数が豊富な多くの関連施設があり、若手の先生には複数の関連施設をローテートする中で多彩な経験をしながら小児外科医としての技量や知識を身に付けていただき、小児外科専門医、指導医を取得していただいています。また、そのキャリアの中で大学院への進学も推奨し、学位を取得していただいています。当教室は昔から女性の先生が多く活躍していることが特徴で、関連施設も含めた医局全体で女性医師に限らずすべての医師が様々なライフステージの中でキャリアアップし活躍できるように配慮しています。東京大学小児外科では昔から出身大学を問わず小児外科志望の若手医師を受け入れており、現在活躍している先生方も東大以外の出身の先生が数多くいます。

東京大学小児外科では小児外科に興味がある医学生、医師の方からの見学や相談はいつでも受け付けています。まずはお気軽にご連絡ください。

診療科長・准教授 藤代 準

小児外科/東京大学小児外科に興味・関心がある医学生・若手医師の方へ

お気軽にご連絡、ご相談いただき、ぜひ一度見学に来てください。いつでも歓迎します。

小児外科医局 連絡先

03-5800-8671  メールアドレス:todai.shounigeka@gmail.com